コードギアスR2 23話「シュナイゼル の 仮面」 策士対決、富士決戦! 非情のシュナイゼル

コードギアスR2 23話「シュナイゼル の 仮面」感想。ブリタニア本国の首都が消滅したとの報に浮き立つブリタニア兵。改造人間ジェレミア卿が上空のサザーランド・ジークから飛び降りて(w 噂を静止しようとした時、それが事実と言う声が。ナナリー救出に向かい死んだと思われた忍者メイドの咲世子さんでした。ナナリーの生きていたトリックは脱出艇が2隻あったという何でもない話。ナナリーを利用したシュナイゼルの宣戦布告に隙を見せまいと強がり、ナナリーの為ではなく自分の為と手を震わせながらあざ笑う。辛い所ですお兄ちゃん… その一手の見事さに震えるルルーシュ。しかしナナリーに国民は避難したと嘘をついて利用したやり口に反感を持ったコーネリアが詰問。さすがはお姉さんですな。シュナイゼルはフレイヤで全世界の首都を全て滅ぼすと冷酷な計画を明らかにする。コーネリアは剣を抜くがシュナイゼルの隠し機銃に背後から撃たれあえなく死亡… シュナイゼルの非情な仮面が明らかになっていく。
妹殺しに残念だよと言いつつ何の感情も見せませんな。

日本は結局各国首脳を人質にしたルルーシュに再占領され、黒の騎士団とシュナイゼルの連合軍との対決に。ニーナさん、フレイア対策に奔走してるけどセシルさんの不思議ホットドッグには参ったみたい(w ランスロットの予備機がピンクに塗られ、また商品展開が増えると思ったらセシルさんじゃなくてC.C.用。決戦前にみんな色々、扇さんは再会後に妊娠させたヴィレッタに残る様に頼み、ジノはカレンと一緒に戦う事を選ぶ。アーニャは記憶の回復を条件にシュナイゼルに付くがこれがまたカラ約束。明らかにルルーシュが鍵握ってるんだからルルーシュ側に付くべきだったな~

シュナイゼルはフレイア未使用と引き換えにシンクーから黒の騎士団の指揮権を奪う。天才同士の一大決戦が富士の地にて開始される。腹の探り合いの陣形移動に苛立ったルルーシュが攻勢開始。それが隙になり黒の騎士団が戦線突破。かつての味方を敵にしたルルーシュその力に驚く。イカルガのハドロン砲正射まで許してしまったルルーシュは富士のサクラダイトを爆破させる罠を例のスティックスイッチで発動。イカルガと黒の騎士団主力を壊滅させる。イカルガは沈んだものの、玉城、カレンの両名によりブリッジは死守。扇の死亡フラグは回避。後は空中要塞のみになるとシュナイゼルはフレイア攻撃開始。ナナリーもルルーシュのスイッチに似た趣味のフレイア発射スイッチを震えながらも撃ってしまう。フレイアを無効化する決死隊が突撃するものの臨界をすでに越えてうちだされている為に無意味。フレイアの数が多いのを考えると敗北の予感が… 早くもシュナイゼルは勝利宣言する中決戦は次回に続く。

いい人に見えてたシュナイゼル、その非情な仮面の正体がじょじょに姿を現す。世界をクレーターだらけにして衰退させちゃ意味ないっすよね~ 嘘で人を操る人間は信用できませんよ。事情を知ってたら黒の騎士団もルルーシュより先にシュナイゼルを叩こうとしたかもしれないけど、みんなシュナイゼルの手の内。半径数十キロのフレイア地獄の中逆転なるか?次回 23話「ダモクレス の 空」 シュナイゼルとの決戦に押されるルルーシュ。ニーナのフレイア対策は間に合うか? ゼロレクイエムは夢と消えるのか。いよいよ最終回に近づき盛り上がって参りました!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック