マクロスF 10話 「レジェンド・オブ・ゼロ」 正に劇中劇! マクロスゼロの劇中映画

マクロスFも早いもので10話。敵の姿もおぼろげに見えてきました。ランカの周りをうろつく敵の美少年は、そのバルキリーの機動から生身では無理と言われていた通りサイボーグ化してましたね。あの獣とのアクションシーンだけ変なスピード演出で違和感あったな(w さて今回、出だしいきなりマクロスゼロから始まり間違えか何かゼロの紹介かとおもっちゃったけど、サラ役のランカが元と同じに元気良く木から下りてきて納得。フロンティアで作られたマクロスゼロの映画だったのね。

マクロスの設定を語る場合に出てくる劇中劇という言葉がある。マクロスの真実の世界は監督の頭の中にあって、映像化した物はその世界であった事を元に作られた映像作品だって事らしい。まさにその通りな感じにマクロスゼロが劇中劇になってましたね~ マクロス7の時も初代マクロスの映画撮ってたけどここまで本格的じゃなかったから気合の入れように驚いた。
そして主人公の姫の歌舞伎時代の話も詳しく出てきました。1回やった公演が伝説になってた有名人だったんですね~ 監督に出演を要請されて水中シーンのスタントマンを引き受けたらランカとのキスシーンがあるってひと騒動。そこにツンデレなシェリルが先にからかう様にキスしちゃったもんだからランカも決断、乙女心が良い感じに描かれてましたね~ 特にシェリル、冗談にしちゃ嬉しそうにテレまくり(w そして今まで妨害されてて調子の悪かった芸能活動がその映画を期にブレイク! スターダムを登り始めるって所で続きです。アイドルのサクセスストーリーは好物なんでこういう展開は嬉しいですね~ しかしお兄さんが気になる事も言ってますね。ランカのやったサラが成長してドクターになったとかでランカに係わりがあったらしく因縁だとか。どういう因縁なんだろうね~ まさかゼロと繋げてくるとは意表を付かれました~ しかし噛ませ役のミスマクロスはシェリルに露骨に無視されたり、ランカにいい所取れれたりとちょっと悲惨な役回りでしたね(w

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック