コードギアスR2 04話「逆襲 の 処刑台」 ルルーシュのロロ攻略作戦、ついでに捕虜救出も

コードギアスR2 04話「逆襲 の 処刑台」 感想。前回ロロを問い詰めた所ギアスを使われて逆転されてピンチって所から。主導権を握られたと思いきや冷静にモニター録画でギアスのネタばらし。人の体感時間を止めてるだけと見抜く。そして人間らしい生活とは縁の無い暗殺者家業を続けていたロロを口先で丸め込み、次にC.C.を明け渡す約束をしてばれてないフリを続けて協力を約束させる。C.C.の確保が目的なのを見越した交渉だったんで冷静でしたね~ しかし監視の中黒の騎士団捕虜の処刑を救出するのと同時にロロを欺く難問はまだ未解決、ロロの身の上データを探り何かを掴む。そして1-2話でリヴァルのバイクが行方不明になってしまったのを役場まで引き取りに行ったんだがこれはもう作戦の種蒔き。係りのおじさんにギアスかけた模様。他には今は亡きダールトン将軍の息子、今はギルバート配下のグランストンナイツの一員にこちらもまたギアスを。親子共々利用される羽目に。結局コーネリアは行方不明らしいね。

中華連邦領事館でのゴタゴタはギアス支配下にある宦官の暴走が目に余った為の排除の動き。元から邪魔だったらしいので中華連邦の幼女天子サイドにとってはゼロには感謝したい位らしい。C.C.は取引に乗り戦闘中に殺害と話を合わせる。他には打つ手も無いのでゼロの行動だけが頼り。そして死刑執行されようという時にまさかのゼロ登場! 兜無頼に応急でサザーラントの腕を取り付けた頼りないナイトメアで。得意の口先でギルフォードとの一騎打ち
に応じる。選んだ武器はポリスナイトメア用のシールドと勝負を捨てたかと思われたがまともに勝負するつもりが無かっただけね(w 開始と同時に役場のおじさんがギアスに操られて死刑執行現場のブロックを切り離し。1部ラストの作戦と同じ事をやらせて自害させる。誠に気の毒としか言いようが無いっす…

ブリタニア軍が総崩れになった所で領事館の黒の騎士団も救出に出撃、ゼロも盾をソリ代わりにとっとと安全地帯の領事館領に駆け込む。グランストンナイツは早くも死亡者2名。上手く終るかと思った所で相変わらず邪魔なロロのヴィンセントが動き出す。C.C.の引渡しが嘘と判断しての行動だが、これもまた策の内。ギアスで操ってダールトンの息子にヴィンセント狙撃命令を出していた。応急処置の片腕やられた所でヴィンセントに狙撃の銃弾が。弾丸には停止能力効かない事を知っての策でロロに直撃かと思いきや、最後の腕を使ってゼロの無頼が庇う。ホントナイトメアの腕はボロボロ壊れる(w 普通の人間らしい生活に憧れのある所を突いて兄弟愛を語り誘惑(w 演技にだまされて混乱するロロ、ギルバートの放ったランスを受け止めゼロを助けてしまう。反逆者に追い込まれてルルーシュに協力するしかない蟻地獄にはまり込んだ感じ。当然本心で憎んでるルルーシュはボロ雑巾の様に使い潰すと可哀想なロロ(w そろってヴィレッタ先生に言い訳話を合わせる。そのヴィレッタさん、かつて愛した扇さんが死なずに済んで一安心で良かったですね~ 黒の騎士団感動の再会! お約束な玉城さんの無視されっぷりに笑わせてもらった(w 四聖剣卜部の死はまだ伝えられる状況じゃないから落ち着いてから悲しい知らせを聞く事になるんだろうね。

劇的な奇跡を演出しての勝利に中華連邦内に避難中のディートハルト達も動き始める。帝国からもEU攻略中のスザクが再びアシュフォード学園に! 次回 05話「ナイト オブ ラウンズ」 盛り上がる学園祭の中、罠にはまったロロとの確執。そんな中にスザク以外の帝国ナイトオブラウンズの姿も! 戦いの激化が予想されますな~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック