ガンダムOO 23話 「世界を止めて」 ロックオン決死のラストシューティング

ガンダムOO 23話 「世界を止めて」 感想。前回驚きのパワーアップのトランザム(TRANS-AM)赤くなって3倍ってシャアザクチック(w 使用後のパワーダウンという欠点もあったが。コールドスリープカプセルの中はめった撃ちしただけあって頭部に命中していて創設者復活も無し。トリニティ最後の生き残りネーナは確保できず逃亡、王留美を頼るしかないか? 地球は制圧完了って事で残存ジンクス26機が宇宙に集結して国連軍のガンダム掃討作戦は続く。フラッグの改修は間に合わずスローネのサーシェスは合流。セルゲイとサーシェスの初邂逅は緊張含み、ガンダム鹵獲に苦労した者だからこその褒め言葉だから実感あり過ぎ。しかしサーシェスの正体知ったら呑気に挨拶もできなかったろうな。ソレスタルビーイングも補給中にサーシェスがスローネを強奪した事を事を知らされる。補給品の中にはキュリオス用のテールブースターが。ミサイルポッドに続くビーム付きの兵装ですね~

ジンクス26機とスローネの攻撃が開始され、迎撃に出るのはキュリオスとヴァーチェの2機のみでロックオンは部屋をロックしてまで出撃止めさせる。キュリウスのブースターのビームによる初撃は見事命中続けて2機撃破。ヴァーチェも1機落とすがスローネに邪魔され包囲される。ジンクスにはロングライフル持ってる機体もいましたね~ 超兵少女とセルゲイのコンビにキュリウスもブースターを破壊されピンチ、そこで久しぶりの裏人格ハレルヤが超兵との干渉をカット、トランザムを発動させ突破。ヴァーチェもトランザムで強化されたビームで岩ごと一機撃破し、コーラサワーも破片で巻き込み戦線離脱させる。今回唯一の笑い所でした(w ヴァーチェをなおも攻撃するジンクス隊の前に現れたのが初GNアームズ合体のデュナメス。2連ビーム砲と大型ミサイルポッドを装備とエクシアとはまた別。精密射撃はできないがミサイルの弾幕でジンクス部隊を一掃、そのまま艦隊攻撃へ。

敵母艦を2隻沈めた所でスローネに奇襲されGNアームズが破壊される。そのまま砲撃用の機体ながらスローネと互角の攻防を展開するもユニオンのジンクス隊を任されていた黒人パイロットの特攻を避け切れず損傷、続くスローネのファングに大破してしまう。デュナメスをハロに任せ帰還させ。単身宇宙に出てGNアームズのビーム砲を見つけスローネを狙う。発見したスローネを見事ビームが捕らえるがスローネのビームもビーム砲を破壊し相打ちに。サーシェスもさすがに死んだ筈。トランザムも使って戦線にたどり着いたエクシアを見つけたロックオン、「こんな世界で満足か?」と地球に手を伸ばしたと思いきや手で銃を作り「俺は嫌だね」のセリフを残しビーム砲の遊爆に巻き込まれロックオンまさかの戦死…

一番重要なキャラを殺してしまってまさかという感じ。こりゃ他のメインキャラも油断できん。ティエリエが次回一番危ない。刹那が間に合えばと責めるみたいだから。ナドレも出るとなると相当追い込まれるだろうし。最終回も迫った所でアレハンドロも戦線に出そうだ。予告1カットのみ映った金色のメカは戦艦かMAか? 1部のラスボスはアレハンドロに決まりだろうからどんなメカか楽しみです。

しかし設定がちょっと被ってるフルメタルパニックとまたもや被ってしまった。ロックオンと同じ狙撃兵のクルツがちょっと前に死んだばかりで両方悲しくて泣けました。最後の一連のセリフも渋かったですよ。仇は取れたのが唯一の救い。もう一人の自分が墓参りにいたらしいのでそれがライル?の為と言ったのかな? しかしデュナメスの次のパイロットはどうなる事やら。ロックオン絡みとなるとオペレーターのフェルトかそのライルとか? 次回24話「終りなき誌」どうなるか分からなくて目が離せませんな~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック