Zガンダム外伝 AOZ、電撃ホビー連載に続いて漫画も完結ですね

Zガンダム外伝のAOZ、電撃ホビーでの模型、小説連載が長年続いた末に完結したけど、今月の電撃大王で漫画版も完結ですね。同じく電撃系のガオが無くなって電撃大王に合流する漫画もあるとかで丁度良かったかも。既に模型連載の方は6集が出てますね。あの額のフィギュアがちょっとやり過ぎで何じゃコリャ~って思う人もいるかもしれない(w 後小説もまとめて発売が決ったようですね。漫画の方は模型連載版とはまた少し違う所があるので4巻が出たらまたじっくり読みたいですね。だいぶ白かったから手直ししたのを見たいし(w ジオン残党のオリキャラも最後にエリアルドと絡んでいい感じでした。最後に愛機を始末、残った最後のヘイズルも投棄とちょっとダグラムチックな始末の仕方で少し泣けた。立体化やゲーム化も少しあったけどどうせならAOZオンリーの外伝アクションゲームでもやりたいですね~
画像

残念なのは最後のティターンズガンダムTR-6。何と言うか個性が弱いというか、今までのTRシリーズを皆組み換えで再現するっていうのが余計かもしれなかった。最後に発表された組み合わせバリエなんて正直覚える気もしないどうでもいい感じで。んで真のTR-6本体というとあまりパッとしない。プラモでも最後のTR-6は欲しいんだけどそういう所が問題ですかね。発売されたらされたでどこまでバリエ再現できるかに関心が集まるだろうけど。ちょっと前に出たプライスフィギュアのヘイズルとアッシマーを手に入れた。スケールは1/200前後だけどアッシマーのAOZ版MS形態に興味があったので。他にもフィギュア少し出てるけどやっぱりTR-6のHGUC化が一番ですかね~

後最後の最後に母艦のアレキサンドリア級アスワンをコロッとデザイン変えちゃったのはどうかと思った。何でもカトキ的にすればいいてもんでもないし。後、TR運用母艦としてのアスワン改修プランははっきり言ってムダ(w 完全に専用母艦になっちゃってほぼ一から作り直しするなら新規の方が効率良いだろうに。エンジンブロックをロンバルディアからまるまる使用する位だからいっそロンバルディア級にしてしまっても良いのにな~ ロンバルディア級なんてマイナーなのを選んだのは嬉しいね。しかしあれは戦艦て話もあるけど余りに貧弱だからやっぱり巡洋艦レベルだよな~
ADVANCE OF Z Vol.6―ティターンズの旗のもとに (6) (電撃ムックシリーズ)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック