少しヌルメガ

アクセスカウンタ

zoom RSS ガンダムA2月号 増刊と一緒に発売 ユニコーン マリーダ涙の過去

<<   作成日時 : 2007/12/26 22:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

画像
ガンダムA2月号が増刊と一緒に出てたので買ってきた! オリジンはサイド6でカムランさんとアムロ親父さんのお馴染みのシーンがそのまま展開。ポスターがちょっと前にモデルグラフィックでやった現用戦闘機風ハンブラビとZのMA形態のツーショットと中々マニアック! ま、Z+みたいなやたらとバリエーション乱造するのもどうかとも思うが(w
画像

ユニコーン、パラオ攻撃の犠牲になったネオジオン部隊は囮。隠れていた本隊の攻撃によってネェル・アーガマのMS隊もピンチに。地球への降下を狙うリディとミネバのデルタプラスはギラズール3機を一気に撃退する冴えを見せ脱出したバナージのユニコーンと接触。限定4巻に付属予定のビームガトリングガンをしっかり使ってました。元々クシャトリア用に用意されてたらしい。人たらしのバナージ君、「男と見込んだ」とミネバをリディに託して親衛隊のアンジェロ機を撃退。さらにフルフロンタルの目論見通りにマリーダのクシャトリアと再戦、NT-Dの発動となる。

ユニコーン計画の恐ろしさが垣間見えた。Dはドライブじゃないくてデストロイ、文字通りNT兵器キラーだったとは驚き。サイコミュ妨害で敵ビットのコントロールまでしてしまうとは! 通りでファンネル系の装備が無い訳だ。しかしそれ以上に衝撃だったのがマリーダの過去。成長して余りに逞しいもんだから同じネオジオンの強化人間でも繋げて考えなかったが、まさか正真正銘のプルシーリーズだったとは… プル12の過去、グレミーの死後1人生き延びたが売られて売春業など…エロ妄想ではプルのクローン1人くれ〜なんて話もあったが生々しい話になると悲惨過ぎて嫌だね。しかも唯一感じた光も堕されて感応してたバナージも辛かったろうに。ネェル・アーガマに収容されて今後の扱いが気になりますね。ミネバ不在でくっついちゃうかも(w ハサン先生はプルかプルツーに面識あったろうか? プルツーが死を迎えた艦でもあるからな。

 エコールはやっと時間が戻って秘密兵器のMAを巡り工業コロニー内で戦闘。ナックルバスターを参考にした固定式ビーム砲でギャプランと再戦。近藤センセは またバニシングマシンに戻ってムサイからの補給の話。とうとう最終回のZZ外伝ジオンの幻陽、良い話だった。心配した主役の生死だがあの調子じゃしっかり生きてそうだ。あの女スパイとくっつくしかないよな(w しかしフェアトンの部下が昔からの仲間というのは驚いた。キレ者っぽいな〜と思ってたお姉さんとかもみんな運命共同体だったのね。グレミーから派遣された強化人間3人娘も普通に仲間として扱ってやっぱ大物ですな。今回のユニコーンで凹んだ分は救われた所がある。コロニー落しの報復で話は終ったけど、とても何もしないで終る連中じゃなさそうで続きも楽しみですね〜GUNDAM A (ガンダムエース) 2008年 02月号 [雑誌]
GUNDAM A (ガンダムエース) 2008年 02月号 [雑誌]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
忘れてはいけないこと
とりあえず自信を持って下さい。 ...続きを見る
モテへの道,ガンダムA2月号 増刊と一緒...
2007/12/26 23:03
風水を実践しよう
日本はアメリカ、香港、台湾といった海外でおこなわれている風水実践において、大体5年ぐらい遅れているということを知っていますか?。あなたは、自分の寝ている方向を気にしたことありますか?仕事場で自分の机の方向を意識したことありますか?風水グッズは、きちんとあなたの吉方位に置いてますか?風水(ふうすい)は、中国4千年の思想で、都市、住居、建物、墓などの位置の吉凶禍福を決定するために用いられてきた。気の流れを物の位置で制御する思想。風水では都市や住居(生者の居住空間)を「陽宅(ようたく)」、墳墓(死者の ...続きを見る
風水,ガンダムA2月号 増刊と一緒に発売
2007/12/27 01:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ガンダムA2月号 増刊と一緒に発売 ユニコーン マリーダ涙の過去 少しヌルメガ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる