ガンダムA1月号 ユニコーンハイメガ砲でパラオ攻め ZZ外伝は派手にアクシズ決戦

ガンダムAの1月号、オリジン無事復帰して宇宙に。すっかりTV版に近くなったガンキャノンはひも付きで直援部隊だったけど早くもハヤト機被弾して回収。コアブースターがカッコ良いけどガンキャノンが前線出てないので映画版とは少し違った感じ。真打のガンダム登場はそのまんまで映画の興奮が蘇ったけど。ユニコーンは捕われのバナージとユニコーン救出の為、ジオン残党の拠点パラオに対して大胆な作戦を採る。ネェルアーガマのハイメガ砲を活かした一撃離脱戦法。準備の為にタンクのロトが先行して4つの隕石をつなぐパイプを爆破。そこの1つを砲撃する事で動かし、ドッグを挟み潰す魂胆。初手は作戦通りだが既にパラオ放棄を決めていたフルフロンタルだったら逃れてるだろうから次号反撃は必死か?

さてユニコーンのサブメカでは、前回補給に来てたコロンブス改がそのままミネバを運ぶ事になり、護衛としてサイド2駐留艦隊からアイリッシュ級戦艦まで登場! パラオでは古いのがやたらいて懐かしかった。第一次ネオジオンでも使っていたアイザックはまだ現役の偵察機。ガザ系もCとなると作業用だがDは砲台みたいな運用。ギラドーガも健在でガザ共々袖のマーキング付き。戦艦ではムサカ級、ムサイ級(Zの改をイグルーディテールにした奴)とかもいたらしい。ムサカは160m、ムサイは234m、レウルーラが250mと逆襲のシャアのネオジオン艦は比較的小さい。エンドラとかの旧ネオジオン系は400mオバーのやたらでかいのしかないらしいからそっちはバランス悪くて出せないかな?

ZZ外伝、主役二人の間に溝が。そんな中エゥーゴ起死回生のアクシズ攻めが開始。エゥーゴ艦隊はやっぱり旗艦はアイリッシュ級戦艦マスタッシュ。1隻だけで他はサラミス改だけだが。エース機として白羽が立ったのはZMSVのZⅡ! GFF版のクレイバズーカ2門装備。他にも同カラーリングのがいっぱいいたからそんなにあったのか?と驚いたけど単に同カラーらしいメタスが6機位いただけだった。確実に勝つ為にエゥーゴ側が使ったのは連邦伝統の戦法、ビーム撹乱幕。懐かしのパブリク突撃艇も(w ZⅡにメタスもさりげなく撹乱ミサイルを1個装備してた。ZⅡは顔を気合入れて書いてるのでもういっぱしのガンダムっすね!カッコ良い! ネオジオン側はキャラのゲーマルクにマシュマーのリゲルグは予想通り。グレミーの3人娘はMSじゃなくてラーフシステムの制御だった。そのラーフシステムのパーツを運んでるのは何とモビルポッドオッゴ(w 何でも色々出す根性は凄い。次回で最終回なのは勿体無いね。エゥーゴの切り札ソーラシステムをラーフシステムで返して勝利って感じだろうけど、すっかりピンチな主役達は生き残れるのか?

愚連隊はやっとの事で襲撃終了。こちらもやっぱりジュアッグ登場! もっともアッグみたいにオーバーサイズではなく普通のサイズだったが。連邦内の不審な動き、最後のスナイパーはやっぱり彼? センサーが2つある所を見るとGFF版のスナイパーカスタムかな?

近藤センセの特別編は各話の解説イラスト。ユニコーン4巻のMG用限定武器はカトキ氏お得意のビームガトリングガンでしたな~GUNDAM A (ガンダムエース) 2008年 01月号 [雑誌]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック