最近読んだラノベ ソルトレージュにレギオスとか

最近は余り元気の無い印象の富士見ファンタジア系、一応読んでるのもあるけど何かこれってのが余り無い。他もそんなに傑作がある訳じゃないけど。ソノラマは潰れちゃってエリアルとか聖刻の続き読めなくて悲しいのでどっか続けてくれないかね~ 銀色のソルトレージュはこの前3巻が出たけど、最近読み始めた所だったので続けて一気に読んだ。機関車レベルの文明が発達したファンタジー世界の裏で密かに起こる魔法の戦い。昔の物語の真実が時を越えてその真実を現す話。読んでてTYPE-MOON系のFateとかに影響受けてるな~と感じた。主人公の性格とかヒロインのツンデレ振りとか(w 3巻では主人公不在のまま戦争の危機が迫りまたきな臭い事に。今回はちょっとした繋ぎ程度で次からが本番かな。
画像

他はCMとかでもやってる鋼殻のレギオスも地道に読んでる。文明崩壊後の汚染された世界で、人類の生活圏は移動都市のみに限られ、地上の覇者となったドラゴンみたいな汚染獣と何とか戦いながら生き延びている世界。そこの学園都市の話って事で学園物系の部活みたいな話で始まったんだけど、影の薄い主人公が実はトンデモなく強いお人で、都市中枢の意識体やら汚染獣の本当の意味とか色々世界の真実に関わる壮大なお話。ウジウジしてた幼馴染が実は重要な役所だったのが判った所で次回の同じくウジウジしてる主人公との再会が楽しみ。
画像
銀月のソルトレージュ 3 (3) (富士見ファンタジア文庫 147-4)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック