コードギアス23話「せめて哀しみとともに」 決別のスザク しかしいい所で続きは夏に…

コードギアス23話「せめて哀しみとともに」 感想。観る前に24、25話が夏という話が出たけどとにかくユフィがどうなるかとハラハラしてたのでその時はそんな気にしなかった。だが全てが日本での最終決戦に収斂していく圧巻の展開で興奮した所で切られてしまい、これで夏までおあずけかよ~!といてもたってもいられないもどかしさ… DVDの販売とかで人気引っ張ってもっとブームが加熱しますかね~

黒の騎士団が虐殺しているブリタニア軍を急襲、ユフィは何と自らもナイトメアフレームに乗ってカレンと鉢合せ。そこにゼロのガウエインがやってきて指ワイヤーであっさり無力化し、ユフィが降りてきた所をゼロが撃つ。それを見てがむしゃらに突っ込んできたスザクが重傷のユフィを回収してアヴァロンに戻るも絶望的。最期に日本特区はどうなったかと聞かれ、虐殺の記憶が無い事に戸惑いながらも成功と嘘をついた。結局自分のやらされた事を忘れたまま安らかに死ねた事は不幸中の幸い。スザクも殺しかねなかったのを自制してくれた事にも安堵。しかしどうにも納得できないスザクの元に神根島で一瞬でた謎の少年が現れる。彼の名はV.V.(ブイツー)、ガンダムじゃないよ(w

日本特区を制圧して日本合衆国建国宣言をしたゼロ、そのままトウキョウに向かって進撃。虐殺を受けて各地で暴動、反乱が相次ぎ黒の騎士団の戦力も増強。しかしユフィの死に衝撃を受けたコーネリアはユフィの部屋にこもってしまい進撃を止められない。ニーナも発狂したかと思う程のショックだったが立ち直るとゼロへの復讐の為にガニメデを整備。ヴィレッタさんは千草って仮名を扇に呼ばれて喜んだのもつかの間、かつての自分をたまたま知っている日本人に襲撃される。これで記憶を取り戻してしまうのか? 出番は先と思われたオレンジ卿も突然復活、変な挨拶でまともでない事は確実だな(w ダールトン将軍もギアスを受けながらもコーネリアの元に急ぐ。みんな最終決戦に向かって収斂し盛り上がってます!

ようやく復帰したコーネリアはゼロの降伏勧告を無視し軍を集結させる。攻撃カウントダウンの中ユフィの携帯からスザクがルルーシュに電話をかける。空をみないでくれって発言には何かあるんでしょうか? スザクも何かのギアスを手に入れたとか? スザクは憎しみでゼロを殺すとおそらくV.V.からルルーシュの正体も知っただろうから事実上の復讐宣告。ルルーシュは分かっていないのか親友だと言って電話を切る。カウントダウンがゼロになるとブリタニア軍が終結していたトウキョウ外縁がブロックごと崩壊。前もって仕掛けてあったとはさすが。創造の前に大破壊の幕が上がった所で続きは夏に(w

皇 神楽耶はクール系かと思ったらとんだミーハー(w 勝利の女神とゼロと結婚宣言。しかし悪魔(C.C.)と契約してるからと振られてましたが。スザクのイトコだけど復讐の鬼と結婚志望とすっかり立場は正反対ですな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年04月07日 18:47
今、自分のブログでコードギアスの好きなキャラクターの投票中なので是非投票してみて下さい。

この記事へのトラックバック