ガンプラ HGUCジムクゥエル やっとの事で発売! AOZ版の太い足はどうしたもんか

画像

0083の最期にちらっと登場した、GMカスタムの発展量産型GMクゥエル。そのティターンズカラーと共にマニア人気のある機体だが、AOZのヘイズルのベース機という事で出る事は確実視されていたが、ヘイズルが3種出た後にやっと発売された。金型を一部変更して使っているので、各ランナー共ヘイズルの名で笑えます。AOZで藤原建機氏がヘイズルに合わせたリファイン版という事でのキット化なので、カトキ版と違って足がかなり太い。ガンダムmk2と並べてみたらさすがに愕然としちゃったな~(w mk2は逆に細身過ぎたアレンジだったからな。
画像

説明書には0083の他、最近出てたZガンダムの映画にも登場としっかり書かれてましたね~ mk2やヘイズルのパーツを使ったヘイズルの各バリエーション再現例もあるので真似るのもいいかも。ちょっと微妙なヘイズル予備機とかだけど(w パッケージは新規の左銃持ち手をアッピールして、左ライフル、右サーベルという派手なポーズ。しかしながら良く見ると全体像が見にくくて丸っぽい感じでイマイチかも。自分は早々にヘイズルにあげちゃったから関係ないし(w 最初からヘイズルに付けるべきパーツだからな。
画像

それにしてもクゥエル、アニメでは両方共隠れキャラみたいな1カットしか出てなくて動いてないよな~ ゲームでも後日談で出る機体だけに出番も少なくて。漫画だとガンダムA系のレガシーでは主役扱いの時もあったり、珍しいネオジオンが主役の短編ではラスボスとしてガトリングガン装備でガザDと戦う等中々良い出番があったな。単行本は出てないけど… MGではアレックスのついでに初期に出てたもんだから、今回待った割りには微妙なアレンジでちょっと残念かもね。パワードGMだと細身だったり最近はパーツ流用で手抜き気味なのかもな~ その分バランスには気を使って欲しいですな。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック