ガンダムコミック クライマックスUC入手! 見所、突っ込み所等を軽く

ちょっと前に発売されたガンダムAのコミック、クライマックスU.C.紡がれし血統1巻をようやく見付けた! 部数が少ない様で探すのに苦労した人もいたかな? Aで第一話読んだ時はどうなるかと思ったが、中々の画力とストーリー展開で結構おもしろくなってくれて良いですな~ 特に恵まれていないF91の世界感を結構再現してるのが貴重で感心する。最低でもF91の小説とSFCゲームの内容知らないと描けない内容ですからね~ まあF91の映画自体が小説の途中から始まるのでちゃんと楽しむには小説は必須なんだが(w
画像

表紙はGM改を中心とした部隊員一同で、カバー広げると婚約者の人も。裏は未来の親兄弟とテーマを表現したイラストで良いですね。GM改といっても、隊長用にカスタムされた機体の様で、ビームサーベルを2本背中に装備しているオリジナル仕様。MGノーマルGMにあった仕様をそのままGM改にも適用したちょっとマニアックな設定。強化されたお陰でガンダム用のライフルも装備している斬新なGM改。どうもこのチョイスを見るとカトキメカや0083が好きなのかな? 物議を醸したサラミスの話もあるし。
画像

第一話冒頭に出る戦艦、これよ~く見ると0083版のサラミスだったんですよ。クラップ級ですら老朽化で改装される時期にこんな旧式を何故ってのもあったけど、致命的なのがこのタイプのサラミスはMS搭載能力が無かったという事(w さすがにそれには気付いたと見えて、単行本では修正されてる。しかも0083サラミスにラーカイラム風の左右カタパルトを追加する仕様とマニアックというか斬新というか愚直というか…ともかく前代見門のサラミスバリエーション(w ここまで0083に拘るというのもある意味立派ですね~ 自分的には0083系設定はイマイチですが。

さて、2巻で気になるミスとしては、宇宙用サブフライトシステムのゲター。非武装のこれに何故かベースジャバー用のビーム砲が付いている。確かにZZでそういうミスもあったらしいけど、さすがにそこまでやるのもどうかと思うんで直して欲しいですね~ ストーリーの方が盛り上がるだけに。それともベースジャバーをそのまま間違えてゲターとして描いてしまったのか? 正面のラインを見る限りではベースジャバーをそのまま出したっぽいですな。
画像

F91時代では、ブッホコンツェルン絡みのエピソードを上手くやってましたね。オールズモビルにもノーマルとリファインの両方あるけど、この漫画ではノーマルを出していた。しかもコロニーでグフとは! F90の武器換装も有効に活用してるのもGood! そして最期にはオヤジ自らプロトタイプジャベリンで颯爽と出撃! 最終回が楽しみですね~ しかし、ジャベリンって名前はクロスボーン戦でショットランサーが出てきた事で付いた名前だから、厳密には違う名称があったんでしょうな。ジェムズガン改とかリックジェムズガンとか? ジェムズガン自体は既に配備されてるって設定があるけど、それを飛ばしてプロトジャベリンというチョイスはさすがですね~ しかしZZ時代はしっかりやって欲しかった。ゲーム版でも少ししか触れてなくて残念だっただけに…

機動戦士ガンダム クライマックスU.C. ―紡がれし血統― (1)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック