鷹見 一幸 小さな国の救世主3巻 いまどき英雄の巻発売! これで一部完、新展開が続くみたい

でたまかの鷹見一幸氏の電撃文庫新作、小さな国の救世主シリーズ3巻 いまどき英雄の巻が出てたので早速買って来た。内乱の続く国に来たオタク高校生が巻き込まれて英雄になっちゃう話で、1巻では戦車部隊撃退、2巻で爆撃阻止とネットで情報を分析して勝ち進み、反撃となるけど、攻撃目標都市が要塞化され攻略が至難になり手詰まりに。次なる手段は情報戦!
画像

今回ではロシア女性のスパイが登場しシマオオカミと呼ばれる主人公の潜入捜査を試みたり、敵上層部も焦り出して陰謀を仕掛けてくる。情報戦ではラジオ放送を始めて真実を訴える事になり番組作りに奔走し、上手く放送できた所を攻撃されてZガンダムのパロディな演説したりと笑えた。血の連鎖を断ち切る為の努力には涙でした。しかしこれで上手くいった~って所でまた火種が出てきて続きというのは蛇足の様な気も。おもしろいから別にいいんだけどね~ 見事英雄となって帰国した際のエピソードとかも次にはあるかな? 1年経ってまたトラブルで難儀だけど、今度は準備して少しは成長してるといいけどね~
画像

上遠野浩平氏のソウルドロップの新刊も出たみたいなんで今度はそっちかな~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック