Zガンダム 劇場版 星の鼓動は愛 DVD発売! サービスカット追加作画でヘイズルも!

さて、劇場公開時に一回観て以来、長らく楽しみにしてたZガンダムの劇場版完結編、「星の鼓動は愛」のDVDがようやく発売された。結構期間があったけど、待った甲斐もあってDVDで新規作画が増えてます! 扱いは軽かったけど結構ヒットしたZに、最後せめてものサービスとなった。お陰で新カット率が増えてまたクオリティが上がって嬉しい限り。チェックに忙しくて特典ディスクの方はまだ未見だけど、新作画を細かくチェックするだけでも大満足! ラブレターが流れる辺りではやっぱり胸に迫る物があった。
画像

今回はかなりのサービスカットが登場して話題になったが、昔のめぐりあい宇宙での新要素特集みたいな事している所がどこにも無かったのが不満で不満で… そのストレスをようやく晴らす事ができたのも嬉しいっすな~ まずは追加キャラ。企画段階では設定があったものの本編には登場しなかったアブ・ダビアがちらっと登場。Zファンに対する軽いジャブみたいな感じ。他にはバスク付きの女官が結構味が出てた。TV版だったら殴られてる所だ(w でもバスクと一緒に死んじゃってる… 
画像

サービスメカはGM系がちまちま出ており、色々新規カットで怪しいのもいたけど噂のあったGM3は見つからなかった。まあGMカスタムとGMキャノン2だけでも充分でZ版カラーで作りたいですね~ GM2っぽいカスタムにネモっぽいキャノンとそれぞれおもしろい。
画像

アクシズ側では0083からはドラッツェが、センチネルからガザEが登場している。他は無いけどガザCは新作画も多く派手にやられていて存在感あった。
画像

ティターンズ側では劇場版でもハイザックカスタムが確認されていたが、似たようなシーンでAOZのヘイズルらしき後ろ姿がDVD版で追加されている。AOZファンには嬉しいアニメ初登場!一緒に映っているマラサイは、ガブスレイのフェダーインライフルを持っているというマニアックさでガンプラファン必見のシーン。
画像

他にも普通のシーンだけでもいい所がいっぱいなので是非とも観てもらいたい。キュベレイのファンネルを一掃した、Zガンダムの必殺技のビームコンフューズや、長年議論を呼んでいた最後の決戦でいつの間にか百式がライフルを回収&捨てるのを新規画でフォローしている所も必見。当時Zの弱点として、主役の戦闘だけで他のザコ戦闘が無いのが世界感を狭めてるって思ったれど、今回はネモやGM2がやたら追加されていてGMスキーにも満足してもらえるかも。百式もTV版のストレスを吹き飛ばす位の活躍でファンが増えそう。ハイザックのシールド持たせたりね(w とりあえずそんな所で特典ディスクを観るとしますよ。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック