MSイグルー5話「光芒の峠を越えろ」 本当にドラム缶なオッゴが主役だわ…

MSイグルー5話「光芒の峠を越えろ」が早くも発売! ジャケット画に白いゲルググ高機動型が出てるが、それも最初にちょいと出るだけで、へっぽこなオッゴがこれまたザコメカのボールと低レベルながらも熱いバトルを繰り広げる! そして最後には次回の主役のとんでもない化け物兵器の影が…

戦局は一挙にソロモン敗戦後の12月、ジオンは連邦艦隊を迎え撃つ為、宇宙要塞アバオアクーに戦力を結集される。試験部隊も例外では無く戦力に組み込まれる事に。今回の秘密兵器は、既に正式採用が決まった簡易兵器モビルオッゴ。ボールよりスペックは上で、ザクマシンガンやバズーカをそのまま使えるのが強み。とにかく使えそうな物ならなんでも投入という末期状態だが、学徒動員の志願兵レベルには最適な兵器でもあった。

冒頭で着艦するゲルググは、ソロモン戦で壊滅した部隊の指揮官ヘルベルト大佐。その貴下に組み込まれる精鋭というのが、他でもない学徒兵によるオッゴ隊と苦しい話。艦橋で最高官という事でギクシャクする。ゲルググで出てくれた方が良さそうだな…

オッゴ隊のリーダー格が偶然にもキャディラック大尉の弟で、ソーラレイの照射による混乱の中、月周辺でのサラミス2隻との遭遇戦に投入される。パイロットの資質とオッゴの性能のお陰で、倍のボール相手に奮戦。連邦も新兵混じりだったという事もあるが。弾切れで格闘戦にまでなって生き残ったのは敵味方1機ずつ。サラミスに取り残された形のボールも何とか降伏してくれ、ハッピーエンドと思いきや… 連邦軍、いくら敵役だからって卑怯過ぎる…

メカでは、ジム後期型と紹介されてたのがジム改に訂正された。これは連邦艦隊を偵察していたザクを寄ってたかって血祭りにあげていた。ボールは08小隊版の機銃装備タイプも登場。戦艦では空母ドロスに、個人的にジオン一男らしい艦と思うチベが赤、緑2種登場! プラモ化してくれないかな~ HJによるとオッゴのデザインはAOZの藤岡建機氏らしい。最後にシルエットが登場したのは、既に発表されたビグ・ラングだった。MAビグロの下部に巨大な武装ブースターを取り付けた赤い機体。シルエット的にノイエジールに近いか。第一印象では昔MAのミニ消しゴムで人型に合体させて遊んだ事を思い出した。ザクレロ頭に胴体がビグロ、足がビグザムとかね(w
ホント、0083のデンドロ、ノイエのノリでやり過ぎな感じではあるが、ジオン脅威のメカニズムをど~んと魅せてくれればそれでいいか。パイロットはこのままの流れだとキャディラック大尉ってのもありえるけど、また新キャラが出るのかな? 最終話も楽しみ! ガンダムAでもオッゴ編の前編がやっていたが、単なるダイジェストでオリジナル話の方がまだ良かったかな。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック