ガンダムA5月号 ルウムにシャアザクと黒い3連星06Rが!

オリジンはルウム会戦直前。搭乗機には色々説がある中、オリジンではシャアは普通に赤い角付き(角無し説はイグルーで否定された)、黒い3連星は何とMSVの高機動型06Rタイプ! シャア自身のヘルメットはまだ飾りがない仕様。ランバラルは参加しない模様。タチ中尉が久し振りにおいしい出番だった。セイラさんもZ観た後で懐かしい。
今月号は色々転換期。地球落下間近のコロニー内でザクとトリコロールカラーのパワードスーツが戦うという笑い話まがいのシビアな話のイシュタムがまず突然の再開。次号で最終回で全4巻になるか。イグルーも2巻の発売が決定し、新OVA黙示録0079と合わせた連載も再開。終わり方がイマイチだったので嬉しい話。アストレイも新外伝スターゲイザーとの関係で仕切り直しの終了。あんまり盛り上がらないのはみんな完璧っぽいからだな。未成熟な美少年が悩まないと駄目なんでしょうかな(w 巻末の夏元氏のレガシー休載コメントも無くなった。どうなる単行本化?

他の作品では、やっぱりエコールですかな。前回休みで引っ張ったけど、アスナっち専用新ガンダムはやっと起動した所。ブリッジクルーの話が中々緊迫感があって良かった。クライマックスUCはいきなりアバオアクーであっさり1年戦争編終了か。CDAでは雑誌違うんじゃってロリキャラがカラー表紙で、誰かと思ったら12歳のイリア・パゾム。何か北爪の昔の絵って感じで懐かしくもあったけど。キャラは他にもガディ(大尉)、ベン・ウッダー(中尉)がワイアット指揮下にと変な設定で既存キャラに頼りきりってのも何ともね。アバオアクーでシャアにジオングを説明した士官もおり(A応募小説の話は反映してなそう)、何と飾りの足が付いたパーフェクトジオングにシャアが乗る事に(w PS2ゲーム1年戦争の2周目でも出たっけ。

劇場版Z関連は、3部の漫画はそれなりで、インタビュー以外は大した情報は無かった。ホビージャパンでは、ラーディッシュからの増援部隊の中にGMカスタムとGMキャノン2が写っているカットが載っていた位。

しかしジ・エッジも、まさか同じ様にアスラン視点の特別編が作られるとは思ってなかったろうな。シンが主役から降ろされた様な後半じゃそれもしょうがないのか。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック