リアルバウトハイスクール13巻 発売してた

雑賀 礼史のハイパー格闘小説、リアルバウトハイスクールの13巻が発売。ヤクザを相手に壮絶な殲滅戦挑み、ラノベではやり過ぎなキリングマシーン振りを見せた南雲慶一郎であったが、死闘の末神威の拳に覚醒したものの敗北。重傷のままメインは御剣涼子に。目が未来視、謎の生命体に寄生された人間の頭が虫に見えるという月の視が突然発現。その生命体を追う覚醒者を呼び込む事に。親友のひとみの顔も虫化するという酷い引きだったのが前回。この話は今回で完結。慶一郎の過去を探る(一応)妻の飛鈴。その秘められた過去とは…

作者も後書きで書いてるけど薄い… 密度は問題無いとは思う。昔のプロットの移植だそうで少し雰囲気が違うのも納得。寄生されて虫頭に見えるとはいえ、かなりグロい事に。世界の安全装置としてマシーンの様に敵を追う覚醒者「拝焼人」から寄生された生徒達を庇いつつ、敵本拠に殴り込みをかける。
こっちの話は今後絡んでくるか分からないから、最後の方の慶一郎の過去の方が気になった。色々な人が絡んでたみたい。祖父があの人かもしれないとはね… 子供の頃から波乱万丈な方だったんだな~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック